『燃えよドラゴン』
日本に“カンフーブーム”を巻き起こしたブルース・リー主演の傑作アクション。
格闘技大会に挑むリーの活躍を描く。監督は後に『死亡遊戯』を手掛けたロバート・クローズ。


c9e2f2a08b06564b9fd7ff54930e8f08-1[1]

ブルース・リー(漢字名:李小龍(レイ・シウロン、リー・シャオロン英語名:Bruce Lee
1940年11月27日 - 1973年7月20日)は、香港中国武術家、武道家俳優脚本家映画プロデューサー截拳道(ジークンドー)を創始したマーシャルアーティストとしても知られる。出生名は李振藩(レイ・ジャンファン、リー・ジェンファン)。墓碑銘は『FOUNDER OF JEET KUNE DO』。リンダ・エメリーとの間に一男一女。息子はブランドン・リー、娘はシャノン・リー


解説


麻薬製造の大ボスと噂される人物の正体を暴くため彼の要塞島で開かれる武闘大会に参加するリー。カンフー・アクションにスパイ・サスペンスを融合させ、復讐、裏切り、陰謀といった要素を間断なく展開させた故B・リーの最高傑作アクション。



截拳道(ジークンドー)

1960年代ブルース・リーは、アメリカ詠春拳を基本とした振藩功夫(ブルース・リー式グンフー)を教えていたが、ロサンゼルスに移ってからさらに実戦的な武術を模索して研鑽・実践を重ねていき、1966年にその名称を截拳道とした

「相手の拳(攻撃)を截(たつ、防ぐ、さえぎる)道(方法、ダオ)」という意味であるが、これは「敵を倒す」という武術としての側面を表すとともに「生きていく上で直面する障害を乗り越える方策・智恵」も示したものでもある。リーは
東洋哲学、特に古代禅仏教老荘思想を高く評価しており、彼のルールに縛られないファイティングスタイルも、そうした自由な思想に多大の影響を受けていると思われる。そうした考えからリー自身は、自らの格闘術に截拳道という名称を与え、カテゴライズすることには少なからず抵抗を感じていたようである。


今でも人気のブルースリー





シネフィルWOWOWで放送

燃えよドラゴン
9/26(土)13:30~


こどもの頃憧れた、スクリーンの中の映画ヒーローたち。
『燃えよドラゴン』のブルース・リー、『ウエスタン』のチャールズ・ブロンソン、『刑事ジョン・ブック/目撃者』のハリソン・フォード、『ブラック・レイン』の高倉健。大人になったら自分もあんな男になりたいと、必死で真似をした永遠の映画ヒーローたちを特集放送いたします。




WOWOWを無料で

satella2_01[1]

無料の衛星放送を視聴できる衛星チューナーサテラ(satella)シリーズを使えば、スポーツ、映画、テレビ番組、ニュースチャンネルなどを含む無料の海外衛星テレビを自由に視聴することができます!。